齋藤 善孝(さいとう よしたか)

土木部 平成25年(2013)4月入社

私が柳沢建設の入社試験を受けてみたいと思ったきっかけは、初めて職場見学で訪れた際楽しそうに仕事をしており、会った方全員が明るく挨拶をしてくださってとても良い印象を受け、私もこの会社で働きたいと強く感じたからです。

実際入社してからも、幅広い年齢層の社員・作業員がいる中で、みんな和気あいあいとしており、居心地が良い環境です。

完成した工事現場を見ると「これができたんだ、作ったんだな」と実感でき、次の現場も頑張ろうという気持ちになります。

現場は外仕事で体力的にきついですが、最近はボルダリングにはまっていて、体力づくりをしています。

村木 一心(むらき かずむね)

土木部 平成26年(2014)4月入社

私が仕事でこだわっているのは、メリハリのある仕事。休憩の時はだらけますが、仕事となればスパッとやります。1センチ、2センチではなく、ミリの世界で勝負しているので、厳しくしてこだわっていきたいです。

工事が終わり、地元の方々から「良くなった、ありがとう」と言っていただけた瞬間が一番いいです。仕事でつらかったことも、その一言で吹っ飛びますね。

会社の人たちは、家族のような感じで、いつも若い人たちを気にかけてくれます。プライベートな話も聞いてくれるので、その中でぼそっと仕事の悩みを切り出しても親身になって相談にのってくれます。働く環境が良いと思います。

黒澤 佳子(くろさわ よしこ)

建築部 平成28年(2016)10月入社

皆さんすごく前向きというか、明るくて、先輩方の仕事を見て「あぁなりたい、こうなりたい」という明確なものがある。そういう気持ちに導かせる先輩方がすごいと思います。

先輩方は、一歩先を見るのではなく、工事の計画を立てた最後までを見通して、頭の中にはビシッとした道筋があるのだと思います。そんな中、イレギュラーなことが起きたとしても、それに対応する頭の切り替えがすごいと思います。

みなさん落ち着いた方が多く、時間の流れがゆっくりとしていて、だからこそ人にも余裕があり…コミュニケーションがとりやすい会社だと私は思います。